運転しながら痩せるトラック運転手のダイエット!

トラックの運転手をしていると、長時間同じ空間で過ごすことになり、好きなお菓子やドリンクなど
食べ放題なので、気づいたらデブになってしまったという方も多いと思います。

 

ここではトラック運転手が運転しながら痩せるダイエット方法をお伝えします。

 

 

トラックの運転は長時間集中して運転をしなければならず、配送時間なども
決められているため、好きな時間に休憩したり食事をとることが難しことも少なくありません。

 

運動や無理な食事制限をするダイエットだと、疲れや体調不良で運転に支障をきたしてしまう
こともあるので、体に負担のかかある無理なダイエットはお勧めできません。

 

トラック運転手の方にとって一番お勧めのダイエットは、「食べもの」に関する意識を変えて
食事管理をすることが一番最適なダイエットだと思います。

 

運動による消費カロリーは思っているほど多くはなく、60分ジョギングしてもおにぎり1個分程度の
カロリーしか消費しません。

 

運動後にお菓子やアイスを食べたら元に戻るだけ。ドカ食いしてさらに太ってしまうこともよくあります。

 

 

運動後のお菓子やビールが我慢できればいいのですが、なかなか大変ですよね。

 

食事管理をしっかりすれば、食欲も我慢せずにコントロールすることができるので、
簡単に体重を減らすこともできますし、食事に気を配ることで体調もどんどん良くなっていきます。

食べるものによって体は変化する!

「食べるものによって体調は全く違っていきます」

 

コンビニ弁当やお菓子、加工食品、インスタント食品など、添加物がたくさん含まれた食材ばかりを食べていると、
満腹感が感じられなくなったり、味覚がおかしくなるだけでなく、頭痛や貧血、糖尿病、やる気がでないなど、
体がどんどん悪くなってしまいます。

 

これらの食材は、カロリーは多いですが人間が生きていく上で必要とするビタミンやミネラルなどは
少ししか含まれていないため、栄養が不足しているということもよくあります。

 

このような食品を食べるのをやめて、添加物をなるべく摂取しない食事にするだけで
体はすぐに変化させることができます。

 

・添加物を含む食材(お菓子やドリンク類)を食べないようにする。
・寝る前に食べると睡眠の質も下がり、太りやすくなるので睡眠前には食べないようにする。
・間食が我慢できないときは、ナッツ類やノンオイルのツナ缶、バナナなど栄養が高くカロリーが少ないものにする。
・ドリンクは砂糖や人口調味料が入っていないものにする。
・炭水化物を減らす
・パンはやめる

 

このようなことを意識しながら食事メニューを考えたり管理することで、自然と体重は減っていきますし、
体調もどんどん良くなっていきます。

 

添加物や人口調味料・糖分などを含む食材を食べ続けると、糖尿病や脳梗塞などの生活習慣病に
なりやすく、高額な医療費を払うことになってしまう可能性が高くなります。

 

食べるものを変えるだけで体は大きく変化しますので、食事の重要さを理解し、
毎日の食べ物をできるだけ体に良いものを食べるように心がけましょう。

 

ほんのちょっとの意識するだけで、脂肪はどんどん減っていきますからね。

 

効果は実践すれば分かりますよ。

食事管理でラクラクダイエット

食事管理をすればそれほど苦労なくダイエットできます。

 

下腹部の脂肪は運動して脂肪を燃焼しないと落とせないと思っている方も多いですが、
食事管理だけでお腹回りの脂肪は落とせます。

 

 

一ヶ月後

 

 

体重も−8kg

 

腹筋や腕立て、ジョギングなどの筋トレは行わず、簡単な食事制限で
これだけの変化が。

 

運動してないので食欲の管理も意外と楽。

 

ダイエットしたい方は食事の重要さを知ることで、意外とらくに痩せることができるので
食事管理ダイエットはお勧めですよ。